IT系会社員ブロガー

某IT企業に勤める40代会社員の雑記帳

Amazonプライムの値上げについて

色々とニュースに取り上げられていたので、実際にAmazonから案内のメールが来た時には、既知感がありすぎでしたが、Amazonプライムの値上げについて。

f:id:breakthrough1020:20190416220620p:plain

 

実際にAmazonプライム会員として値上げのメールが届いたのは、2019/04/12 11:00頃でした。

事前の通知ではなく、メールが届いた当日4月12日付けで、Amazonプライムの年会費を3,900円(税込)から4,900円(税込)へ1,000円UPするとのことです。

 

ただし、支払いについては、年会費プランで会員登録している場合には、2019年5月17日以降の会員登録更新時に新しい会費への変更が適用されるとのこと。

 

結局、自分のAmazonプライムの次の更新がいつかを知る必要があります。

それは、Amazonアカウント&リストの[アカウントサービス]→[Amazonプライム会員情報]で確認することができます。

 

f:id:breakthrough1020:20190416221402p:plain

 

Amazonプライムの会費プラン(年額・月額)や、次回の支払い日の確認を行うことができます。

ちなみに、私の場合は、月額でなく年会費プランで、1月に更新をしていため、次回更新は2020年1月となっていました。

 

f:id:breakthrough1020:20190416221659p:plain

 

Amazonプライムに、年間4,900円の価値があるかどうかは人によって異なるかと思いますが、私は、

  • 配送特典(Amazon delivery)・・・基本prime商品(=配送料なし)を選び、当日お急ぎ便も含めて、"なるはや"が標準
  • Amazonプライム・ビデオ・・・Fire TV Stick保有。子供がアニメや映画も見ますが、私も最近アディダスとコラボで知った「ゲーム・オブ・スローンズ(GAME of THRONES)」がお気に入りです
  • Prime Music・・・たまに聞きますが無料で聞ける曲は非常に限定的です。
  • Amazon Photos・・・写真のバックアップ用。複数のスマホから利用できます。1年前の写真を通知する機能が意外と良いです。Google フォトがあれば不要?
  • 定期おトク便・・・日常品の購入。定期便割引があり結構安く購入することができます
  • Amazonフレッシュ、Amazonパントリー・・・何度か利用しましたが、今は殆ど使っていません

 

ということで、年間4,900円→月額408.3円程度は、配送特典Amazonプライム・ビデオ、毎月の定期おトク便の3つで、十分モトがとれていると今のところは判断しています。

 

来年の1月が更新月なので、今年いっぱいは引き続きAmazonプライムですので、また年末に見直したいと考えています。

 

以上です。

 

 

日経クラウドファースト最終号

f:id:breakthrough1020:20190414124133j:plain

 

いやー、ついに最終号が届き日経クラウドファーストは廃刊になりました。


breakthrough1020.hateblo.jp

2016年に創刊し、購読料金1年(12冊)64,800円(税込)、1冊なんと5,400円でしたか、3年間、36冊でついに廃刊となりました。

 

f:id:breakthrough1020:20190414124334j:plain


雑誌の内容としては、とにかくAWS中心で、Azureが徐々に取り上げられ、最近になってやっと少しだけGCPの取り扱いを始めてきた状況でした。

クラウドファーストの名前に相応しいように、徐々に改善されることを期待していましたが、結局は"AWS広告宣伝誌"に留まってしまったのが残念です。

昨今のクラウドの盛り上がりとは異なり、購読料金1年(12冊)64,800円、50ページ弱の雑誌が1冊5400円という高額設定で、先程の内容の問題も含めて、購読者数がそれほど伸びなかったのではないかと推測しています。

 

そもそも紙媒体の雑誌というものが、今のスマホの時代に相応しくなくなってきているのも原因のひとつだと思います。

雑誌・紙媒体の購読数が落ちているからか、最近はWeb記事の有料化に力をいれていますね。

私は、以下のような表示がされたら、即ページを閉じますが、有料会員数は伸びているのでしょうか?

f:id:breakthrough1020:20190413225113p:plain

とくに日経クロステックの場合は、月額プランが2,500円/月(年額プランは25,920円/年)ですが、そもそも昔はIT関連のメールマガジンを山ほど購読していましたが、今は殆ど見なくなったので、すべて購読を解除していますし、せいぜい一日2~3記事を見る程度で、月額2500円は少し高すぎるな、と私は思っています。

もし月額基本料なしで、完全従量課金であれば利用するかもしれませんが。

 

以上です。

 

 

Essential PH-1 セキュリティアップデート 2019年4月

Essential Phone PH-1 毎月恒例の2019年4月度のセキュリティアップデートについて記載します。随分遅くなりましたが。

※Essential Phoneは、2018年8月に、Android 9.0 Pie へのアップデートを実施しています。

 

前回(2019年3月)アップデートについてはこちらをご覧ください。

breakthrough1020.hateblo.jp

Essential PH-1の今月(2019年4月)のセキュリティアップデートover-the-air (OTA) update は、いつもよりかなり早くなんと4月2日に来ました。


Essential の Twitter では、4月2日4:04(日本時間)にアナウンスがありました。

 

f:id:breakthrough1020:20190413221537p:plain

Essential Twitter


We were going to say "no update" today but you all are quicker to the download than our April Fools joke. This month includes adjustments to brightness and volume settings. Check your phone for the latest!

"今日は「更新なし」と言うつもりでしたが、皆さんは全員、エイプリルフールの冗談よりも早くダウンロードできます。今月は、明るさと音量設定の調整が含まれています。携帯電話で最新情報をチェックしてください。"

 

f:id:breakthrough1020:20190413222024p:plain
今回の内容としては

-. Google Security Patches 2019-04(Google セキュリティパッチ 2019年4月)

-. Adjustments to minimum brightness and colume setting(最小の明るさと音量設定の調整)

となっており、更新サイズは、74.3MBでした。

 

f:id:breakthrough1020:20190413222333p:plain


 Android セキュリティパッチレベルは、なんと未来日付の2019年4月5日、ビルド番号は、 PQ1A.190105.024 から PQ1A.190105.045 になっています。

 

2019年4月度のセキュリティアップデートは、「Android Security Bulletin - April 2019 」として4月1日に公開されています。

 

Android Security Bulletin—April 2019  |  Android Open Source Project

  

重大なものはいつものメディアフレームワーク(Media Framework)です。

The most severe of these issues is a critical security vulnerability in the media framework that could enable a remote attacker using a specially crafted file to execute arbitrary code within the context of a privileged process.

"最も深刻なこれらの問題は、リモートからの攻撃者が特別な細工をしたファイルを使用して特権のあるプロセスのコンテキスト内で任意のコードを実行する可能性がある、メディアフレームワークの重大なセキュリティ上の脆弱性です。"

 

 明るさと音量設定の調整については、ボタン押下での調整が細かくなっているようです。

 

Essential Phone は、購入以来毎月5日にはほぼセキュリティパッチが提供されますが、今回は、なんと4月2日(日本時間)に提供されました。米国では4月1日と圧倒的に早く提供されます。

色々な不具合もどんどんと改善されているので、PH-1の次のPH-2も是非販売して欲しいものです。

 

以上です。

 

 

国内線 ANA SUITE LOUNGE ご招待キャンペーン 達成

以前にも、このキャンペーンを達成したことがありましたが、同じく国内線 ANA SUITE LOUNGE ご招待キャンペーンを達成しました。

 

breakthrough1020.hateblo.jp

f:id:breakthrough1020:20190311232910j:plain

対象者限定キャンペーンです。

キャンペーン参加登録の上、対象期間中、ANA国内線に対象運賃で月に3回以上または10回以上搭乗すると、対象のラウンジをご出発前にご利用いただけます。

 

もちろん3回以上が通常のANA LOUNGEで、10回以上がANA SUITE LOUNGEとなります。

 

ラウンジ利用期間は、キャンペーン条件を達成した搭乗月の翌月13日から翌々月末まで

また、ラウンジ利用対象者については、条件達成ご本人様のみで同行者は不可です。

 

 

という訳で、10回以上でキャンペーン達成しました!

f:id:breakthrough1020:20190311233353j:plain

 

f:id:breakthrough1020:20190311233658j:plain

2019年2月に10回搭乗して達成したので、有効期間は2019年3月13日~2019年4月30日の約1.5ヵ月間となっています。


入室方法も以前と比べて随分と進化していました。

f:id:breakthrough1020:20190311233938p:plain

以前は、わざわざキャンペーンのクーポンを見せる必要があったのですが、今回はIC(または2次元バーコード)をタッチするだけで良さそうです。

 

久々の ANA SUITE LOUNGE 楽しみです。

 

以上です。

 

 

Googleが旅費全額負担で Google本社に招待!?

f:id:breakthrough1020:20190311230411p:plain

 

先日、3月5日にGoogleから ローカルガイドの一代イベントである「コネクトライブ 2019」の案内がきました。

もちろんアメリカリフォルニア州サンノゼGoogle本社で開催されるイベントとなりますが、メールに記載の通り旅費が全額Googleが負担してくれるとのこと。

ローカルガイド レベル5に達していると案内が来るようです。

 

Google Local Guides CONNECT LIVE 2019の詳細については、こちらへ。

maps.google.com

昨年のCONNECT LIVE 2018の状況が動画で掲載されていますが、いかにも楽しそうです。

youtu.be

 

FAQには

Q) How many Local Guides will be selected to attend Connect Live?

A) Of the many applications we expect to receive, we will select 200 of the most dynamic Local Guides.

とあるので、最もダイナミックなローカルガイド200名を選出するようです。

 

申し込みをしようかと思いましたが、以下で諦めました。

f:id:breakthrough1020:20190311231611p:plain

Q) I don’t speak English, will you provide translation?

 "私は英語を話せないですが、翻訳が提供されますか?"

A) To best serve our global community, Connect Live 2019 will be presented entirely in English. In order to get the most out of the experience, attendees will need to confirm that they can communicate proficiently in English in addition to submitting all application materials in English.

 "私たちのグローバルコミュニティに最も役立つように、Connect Live 2019は完全に英語で発表されます。経験を最大限に活用するには、参加者はすべての申請資料を英語で送信するだけでなく、英語で上手にコミュニケーションできることを確認する必要があります。"

 

んー残念。Google 翻訳がリアルタイムで行えるようになるまでお預けですね。

 

以上です。

 

 

Essential PH-1 セキュリティアップデート 2019年3月

Essential Phone PH-1 毎月恒例の2019年3月度のセキュリティアップデートについて記載します。

※Essential Phoneは、2018年8月に、Android 9.0 Pie へのアップデートを実施しています。

(最近、Essential Phone PH-1 のセキュリティアップデートしか書けていない)

 

前回(2019年2月)アップデートについてはこちらをご覧ください。

breakthrough1020.hateblo.jp

Essential PH-1の今月(2019年3月)のセキュリティアップデートover-the-air (OTA) update は、いつも通り3月5日に来ました。


Essential の Twitter では、3月5日4:02(日本時間)にアナウンスがありました。

 

f:id:breakthrough1020:20190309211552p:plain

Essential Twitter




 

f:id:breakthrough1020:20190309211721p:plain




今回の内容としては

-. Google Security Patches 2019-03(Google セキュリティパッチ 2019年3月)

-. Digital Wellbeing Support(デジタル健康サポート=使いすぎの支援)

となっており、更新サイズは、93.2MBでした。

 

f:id:breakthrough1020:20190309212213p:plain



 Android セキュリティパッチレベルは、2019年3月5日、ビルド番号は、 PQ1A.190105.014 から PQ1A.190105.024 になっています。

 

2019年3月度のセキュリティアップデートは、「Android Security Bulletin - March 2019 」として3月4日に公開されています。

 

Android Security Bulletin — March 2019  |  Android Open Source Project

 

重大なものはいつものメディアフレームワーク(Media Framework)です。

The most severe of these issues is a critical security vulnerability in Media framework that could enable a remote attacker using a specially crafted file to execute arbitrary code within the context of a privileged process.

"これらの問題の最も深刻なものは、特別に細工されたファイルを使用するリモートの攻撃者が特権のあるプロセスのコンテキスト内で任意のコードを実行することを可能にする可能性があるメディアフレームワークの重大なセキュリティ脆弱性です"

 

もうひとつのDigital Wellbeing(使いすぎサポート)については、[設定]に[Digital Wellbeing]が新たに追加されています。

f:id:breakthrough1020:20190309213737p:plain

Google Pixelシリーズと同じく各アプリケーションの利用時間、ロック解除回数、通知回数が表示され、端末の利用頻度を制限する方法として、各アプリの利用時間を設定したり、おやすみモードを設定したりすることができるようになりました。

私は、それほど有効性は感じていませんが、必要な方には良い機能だと思います。

 

Essential Phone は、購入以来毎月5日にはほぼセキュリティパッチが提供されます。

PH-1の次のPH-2も是非販売して欲しいものです。

 

以上です。

 

 

日経クラウドファーストがついに廃刊へ

f:id:breakthrough1020:20190206232227j:plain

ついに日経クラウドファーストが2019年4月号(3月20日発行)を持って廃刊されることになりました。(表現は休刊ですが)

 

2016年の創刊の案内がされた時から記事にしていたので感慨深いものがあります。

breakthrough1020.hateblo.jp

もちろん創刊号から申し込みを行い、購読料金1年(12冊)64,800円(税込)、1冊がなんと5,400円の雑誌に驚いたものです。

breakthrough1020.hateblo.jp

その後、価格設定についての疑問や、毎月500円の図書カードが送られる読者アンケートについても記事にしました。

breakthrough1020.hateblo.jp

breakthrough1020.hateblo.jp

様々な問題があったにせよ、比較的まとまった情報が、紙媒体で得られることについては、ある一定の価値感は感じていたのですが、残念ながらたった3年で廃刊となってしまいました。

記事の内容は、AWS、Azureが中心ですが、最近では少しGCPの取り扱いを始めており、クラウドファーストの名前に相応しいように徐々に改善されることを期待していましたが、昨今のクラウドの盛り上がりとは別に、購読料金1年(12冊)64,800円という高額な設定で、費用対効果の問題も含め、購読者数がそれほど伸びなかったのではないかと推測します。

そもそも紙媒体の雑誌というものが、クラウドの時代、スマホの時代に相応しくなくなってきているのではないかとも感じています。

 

以上です。