IT系会社員ブロガー

某IT企業に勤める40代会社員の雑記帳

ワイヤレスヘッドセット SoundPEATS Q12 について

ワイヤレスヘッドセットはこれで何個目だろう...

前回は、Tao Tronics TT-BH07を紹介しました。これまでもランニング用のBluetooth ワイヤレスヘッドセットを紹介しましたが、また、新たに再購入したので、ご紹介。

 

breakthrough1020.hateblo.jp

今回は、またしても、SoundPEATS(サウンドピーツ)の Q12 です。

やはりランニングには、コードのないワイヤレスイヤホンが欠かせないですね。

 

 

f:id:breakthrough1020:20170730224139j:plain

SoundPEATSのパッケージはコンパクトで良いですね。

 

※ちなみに、2017年7月時点で、Amazonの「ポータブルオーディオ」でベストセラー1位になっています。以前ご紹介した TaoTronics TT-BH07 は、現在は、5位です。

 

f:id:breakthrough1020:20170730224659p:plain

価格は、ブラックが、2,899円です。ブルー、レッドは100円高く2,999円です。

 

SoundPEATS Q12の見た目は殆どTaoTronics TT-BH07と同じです。

価格も、2千円代(3千円弱)ながら、Bluetooth 4.1に対応しており、オーディオコーデックもaptX対応という優れものです。

 

ちなみに、私が以前使っていたNexus 5は、Bluetooth 4.0 対応まででしたが、Nexus 5Xは、Bluetooth 4.2 対応ですので、SoundPEATS Q12 も大丈夫です。
iPhoneは、5sが、Bluetooth 4.0 対応。6/6s/7については、Bluetooth 4.2 対応となります。
Bluetooth 4.0から、大幅な省電力化を実現する低消費電力モードに対応しているため、この手のワイヤレス機器については、Bluetooth 4.0 対応が必須といえます。

 

CVC6.0ノイズキャンセリング技術も搭載されており、外部のノイズを低減したクリアなマイク通話も可能です。

 

製品仕様

  • Bluetooth4.1 プロファイル A2DP 1.2,AVRCP 1.4,HSP 1.2,HFP 1.6
  • オーディオコーデック APT-X,SBC
  • 充電電力 5V/500mA
  • 再生時間 最大6時間
  • 充電時間 1.5時間
  • サイズ(LxWxH) 590x25x32mm
  • 通信距離 10m
  • 重量 14g ※TaoTronics TT-BH07より1gだけ軽い..

 

その他の特徴としては、イヤホンのヘッド部分に磁石が内蔵されているため、使用しない時に、右耳と左耳のヘッド同士をくっつけることができますが、これもTaoTronics TT-BH07と同じです。

f:id:breakthrough1020:20170730225838j:plain

使用しない時は首に回したまま耳から外してそのままマグネットどうしを付ければ首輪状になり落下防止につながります、とありますが、TaoTronics TT-BH07も同じですが、マグネットはそれ程強力ではなく、ラニングの際には、すぐに取れてしまいます。ウォーキングレベルだと思ってい下さい。

 

 

リモコン部分についても TaoTronics TT-BH07と同じくボタンが3つ(+、▷、ー)とLEDランプがあります。使い方も全く同じで、いたって簡単です。

操作方法

  • ▷(マルチファンクションボタン)で、1秒間押すと電源オン、3秒間押すと電源オフ、(電源オンの状態で)1回押すと再生/一時停止。Androidの場合(電源オンの状態で)1秒間押すとGoogle音声検索("OK Google"と同じ)。
  • ボリュームは、+/ー。曲送りは+/ーの長押し。
  • 電話受信時のとる・切るは、▷を1回押す。電話拒否は、▷を1秒間押す。
  • リダイヤルは、▷を連続2回押す。
  • 電話ミュート/ミュート解除は、+/ーを同時に押す。
  • リセットは、+/ーを同時に5秒間押す。

LEDランプ

  • 赤色点灯 充電中、または電池残量不足
  • 青色点灯 充電完了
  • 赤・青交互点滅 ペアリングモード
  • 青点滅(5秒間隔) ペアリング中

 

Bluetoothのペアリング方法については、電源オフの状態から、▷(マルチファンクションボタン=電源オン)を5秒間押し続けると、赤・青のLEDが交互に点滅し、ペアリングモードになりますので、iPhoneAndroid側でペアリング設定を行います。

 

SoundPEATS Q12 の肝心なサウンドですが、ほとんど TaoTronics TT-BH07 と変わりがありません。TT-BH07と同じく、非常に透明感のあるピュアなサウンドという表現がピッタリです。

※以前の SoundPEATS QY7 と比較すると、クリアに聞こえ、5千円~1万円代のイヤホンに引けを取らない音質が出ていると思います。

 

ではなぜ、全く TaoTronics TT-BH07 と全く同じような SoundPEATS Q12 を再購入したかというと、TT-BH07 の弱点(デメリット)が非防水だからです。

殆ど防水・防塵性がないのは認識していましたが、私の場合、雨の日はランニングしないので、防水性を求めておらず、また、夏場は、耳の中も汗をかきますが、イヤホンが壊れるほど汗はかかないと思っていました。

※実際に、以前の SoundPEATS QY7 も非防水でしたが壊れませんでした。

 

しかしながら、6月頃からランニングで大量に汗をかくようになり、TT-BH07 が汗でノイズが発生するようになり、ヒドい時には音が出なくなりました。

乾くと元に戻るので問題はないのですが、1時間ほど走ると前半30分程度で音がでなくなることもあり、やはり防水が必要だと実感したため、SoundPEATS Q12 を購入しました。

 

SoundPEATS Q12 の再生時間の6時間とありますが、感覚的には、4~5時間だと思います。

私の場合は、週に1度はBluetooth心拍計と一緒に充電を行うので気になりませんが、ワイヤレスヘッドセットのみを利用している場合は、充電が面倒くさいかもしれません。1万円のワイヤレスヘッドセットは、8~9時間持つものが多いです。

 

 

breakthrough1020.hateblo.jp

その他に、SoundPEATS Q12 と TaoTronics TT-BH07 の一番の違いは、音声アナウンスです。

SoundPEATS Q12 は、アナウンスの一部が日本語化されおり、電源をオンにすると「電源がオンになりました」、ペアリングされると「接続が完了しました」、バッテリーが少なくなってくると、「バッテリーが少なくなりました。充電をしてください」とアナウンスが行われます。

バッテリー不足については、残り7~8分からアナウンスが開始され、1分毎に日本語でアナウンスがされるので、結構うっとうしいです。

 

ランニングには、TaoTronics TT-BH07 より、SoundPEATS Q12 がオススメです。

 

 

FREETEL 2周年の記念特典が2ヶ月連続で!?

先月、2017年6月29日(木)、30日(金)の2日間、FREETELがSIM提供開始から2周年を迎え、2周年記念大感謝デーとして、2日間無料!をやっていましたが...

breakthrough1020.hateblo.jp

なんと7月の30日(日)、31日(月)の2日間も開催していました!

 

f:id:breakthrough1020:20170730211311p:plain

 

今回の特典内容については、

f:id:breakthrough1020:20170730211455p:plain

FREETELの従量プラン「使った分だけ安心プラン」を利用のお客様については、上限20GB契約の方には20GBまで、上限10GB契約の方には10GBまでデータ通信が無料
※つまり、使った分だけ安心プランの場合は、7月29日までのご利用データ量に応じた月額基本料金が請求となり、30日(日)、31日(月)の2日間は課金対象外になります。

 

f:id:breakthrough1020:20170730211626p:plain

FREETELの「定額プラン」を利用のお客様については、データ通信2GBを無料チャージ
もちろん使えない場合には、来月への持ち越しが可能です

f:id:breakthrough1020:20170730211816p:plain

FREETELでんわ だれでもカケホーダイを利用のお客様は、時間制限なく、無料で使い放題! 

 

前回は、この大盤振る舞いの2周年記念大感謝デーを実施していることすら知らずに大感謝デーを過ごしてしまいましたが、今回は、事前に気がついていました。

 

FREETELは、くだらない広告メールがよく来るのに、こういうお得な大感謝デーは、事前にユーザにアナウンスを徹底してもらわないと。

 

これは来月(8月)も期待できそうです。

 

 

 

Nexus 5X セキュリティアップデート 2017年7月

毎月恒例ですが、今月は少し遅く7月14日に7月度のセキュリティアップデートのover-the-air (OTA) updateが来ました。

 

先月(2017年6月度)のセキュリティアップデートについては以下を。

breakthrough1020.hateblo.jp

7月度のセキュリティアップデート

f:id:breakthrough1020:20170716221909p:plain

7月度のセキュリティパッチの更新サイズは、38.8MBです。

 

f:id:breakthrough1020:20170716222005p:plain

Androidバージョン 7.1.2、Android セキュリティパッチレベルは、2017年7月5日、ビルド番号は、N2G47WからN2G47Zになっています。

 

セキュリティアップデートの2017年7月度は、7月5日に「Android Security Bulletin - July 2017」としてリリースされています。7月5日リリース、7月6日更新。

 

Android Security Bulletin—July 2017  |  Android Open Source Project

 

今月も、メディアフレームワーク(Media Framework)の重大なセキュリティ脆弱性が報告されています。

 

The most severe of these issues is a critical security vulnerability in media framework that could enable a remote attacker using a specially crafted file to execute arbitrary code within the context of a privileged process. The severity assessment is based on the effect that exploiting the vulnerability would possibly have on an affected device, assuming the platform and service mitigations are turned off for development purposes or if successfully bypassed.

 

(これらの問題の中で最も重大なものは、特別に細工されたファイルを使用するリモートの攻撃者が特権プロセスのコンテキスト内で任意のコードを実行できるようにする、メディアフレームワークにおける重大なセキュリティ脆弱性です。 重大度の評価は、プラットフォームとサービスの軽減が開発目的で無効になっている場合、または正常にバイパスされた場合、影響を受けるデバイスでこの脆弱性が悪用される可能性があることに基づいています。)

 

その他、毎月の事ですが、いつもように多くの脆弱性が修正されています。

2017年7月1日の部分的セキュリティパッチ文字列

  • Runtime(Moderate 1個)
  • Framework(High 6個、Moderate 1個)
  • Libraries(High 3個)
  • Media framework(Critical 10個、High 15個、Moderate 2個)
  • System UI(High 4個、Moderate 1個)

 

2017年7月5日の完全セキュリティパッチ文字列

  • Broadcom components(Critical 1個、Moderate 2個)
  • HTC components(Moderate 2個、Low 1個)
  • Kernel components(High 2個、Moderate 4個)
  • MediaTek components(High 1個)
  • NVIDIA components(High 1個、Moderate 1個)
  • Qualcomm components(High 7個、Moderate 18個)
  • Qualcomm closed-source components(High 55個)


Nexus 5X(6P)のアップデート保証期限の残りが2ヶ月となってしまいました。。。

9月までにNexusの代わりの端末(Pixel)が日本で発売されることを願います。

 

 

 

アディダス ウルトラブースト(2016年モデル)で 2,000km 走った結果

この数年間は、ランニングシューズは、アディダスadidas)のウルトラブースト(UltraBOOST)を愛用しております。

 

2017年度は、アディダス ウルトラブースト(3.0)のニューカラーとして「パープル」が発売されるとのことです。最近のウルトラブーストは、UltraBOOST Parley(白)や、UltraBOOST ltd(ユーティリティグレー ?)とかなり地味目な色だったので、かなり期待しています。

f:id:breakthrough1020:20170711232021p:plain

 

さて、前回はアディダス ウルトラブースト(2016年モデル)で 1,000km 走った結果を書きましたが、今回は、2,000km走った結果を報告します。

breakthrough1020.hateblo.jp

ちなみに、シューズの走行距離については、スマートフォン向けのランニングアプリ Runkeeper で計測していますので、多少の誤差についてはご了承ください。

f:id:breakthrough1020:20170711232840p:plain

たまたまですが、ちょうど2,000kmです。

 

※以前も記載しましたが、Runkeeper は少しやっかいで、シューズの走行距離が1,000kmを超えると、走るたびに「Almost time to change those shoes! See your shoe tracking progress.」(靴を買い換えろ!)とメッセージが出ます。


私は1,000km程度でシューズを買い換えはしないです。1,500~2,000kmは走りますので。

 

さて、2,000km 走ったレビューとなります。

f:id:breakthrough1020:20170711233654j:plain

f:id:breakthrough1020:20170711233828j:plain

1,000kmと比較するとソール(アウトソール)は、かなりすり減っていますが、アウトソールが完全にすり減って、「BOOSTフォーム」が直接見えるようなことは、まだまだ無い感じです。

 

人それぞれ走り方によってソールの減り方が大きく変わってくると思いますが、前回2015年モデルと比較してみると、まったく違うことがお分かりになると思います。

breakthrough1020.hateblo.jp

以前から「アディダスのランニングシューズは、ソールがすぐに擦り減る」とウワサになっていましたが、アディダス ウルトラブースト(2016年モデル)からは大幅に改善されており、このようなウワサが立つことはもう無いと思います。

 

2016年度モデルから採用された「コンチネンタルラバー」で耐久性が大幅にアップしていることが証明されました。

 

コンチネンタルはやっぱりスゴイぞ!!

 

ソールのつま先部分のヒビ割れが1,000kmと比較すると酷くなっていますが、使用上はまったく問題ありませんね。

f:id:breakthrough1020:20170711234906j:plain

2015年モデルまではBOOSTフォームの薄い部分が、ヘタってきてダメになっていましたが、この部分も(若干?)改善されています。

f:id:breakthrough1020:20170711235054j:plain

上部ニット(正しくはプライムニット)については、見ていただいてお分かりになるように、殆ど変化なしです。走っている時に足があたる左の内側のくるぶし部分が若干ほつれていますが、それ以外の傷みは殆どなく、耐久性もバッチリで、フィット感も抜群のままです。

 

毎度のことですが、ウルトラブーストと同時購入したインソール(中敷き)のカスタム バランスは、こんな感じです。

f:id:breakthrough1020:20170711235652j:plain

ボロボロですね。こちらは、そろそろ限界です。

 

次は、ウルトラブースト アンケージド(UltraBOOST Uncaged)にするか、ウルトラブースト(UltraBOOST 3.0)のニューカラー「パープル」にするか、迷うところですが、今のウルトラブースト(2016年モデル)が、まだまだ走れそうなので、もう少し限界まで履いてみたいと思っています。

 

 

 

ゲオTV、ゲオムビ、ゲオトナなんのこと?

先日2017年6月30日を持って、ゲオチャンネルが終了しました。

ゲオチャンネル、わずか一年でサービス終了に... - IT系会社員ブロガー

 

f:id:breakthrough1020:20170705224148p:plain

 

ゲオTV!?

ゲオチャンネルが終了して、以前の「ゲオ動画」からリニューアルされた「ゲオトナ」にサービスが引き継がれたと思っていたのですが、6月30日のメールには新たな「ゲオTV」の文字が!?

 

f:id:breakthrough1020:20170705224453p:plain

訳がわからないので、見てみると新たに「ゲオTV」の下に、「ゲオムビ」と「ゲオトナ」、つまり「ゲオムビ」+「ゲオトナ」=「ゲオTV」に。

 

【重要】ゲオトナが「ゲオTV」として、リニューアルいたしました! | ゲオTV | ゲオムビ(洋画・邦画・アニメ) - ゲオの動画配信/無料動画

 どうも6月14日に「ゲオトナ」のサービス名称が「ゲオTV」に変更されたようです。
そして、「ゲオTV」は、一般作品を見られる「ゲオムビ」とアダルト作品を見られる「ゲオトナ」で再構成されたようです。

「ゲオトナ」にあった月額見放題プラン「ゲオトナ 980」は、「ゲオTV 980」としてプラン名称が変更されたとのこと。

 

ややこしい。

 

「ゲオトナ 980」改め「ゲオTV 980」については、前回4月時点で、コンテンツ総数は10,000本以上、ぞくぞく追加中とありましたが、今もあまり変わっていないようです。

f:id:breakthrough1020:20170708231726p:plain

 

さらに、利用できるデバイスも、PC(WindowsMac)、タブレット/スマートフォンiOSAndroid)で、残念ながら、Chromecastは今もなお対応予定とのことで、未対応です。本当に対応するつもりなのか??

f:id:breakthrough1020:20170708232041p:plain

 

「ゲオトナ 980」改め「ゲオTV 980」も、4月時点と同じく、今だけ「初回14日間無料で見放題!」になっています。

 

 

 

FREETEL 2周年の特典がイカす!

イカす、って死語?

f:id:breakthrough1020:20170705220052p:plain

 

FREETEL SIM提供開始から2周年を迎え、2周年記念大感謝デーとして、2日間無料!をやっていました。

 

f:id:breakthrough1020:20170705220249p:plain

FREETELの従量プラン「使った分だけ安心プラン」を利用のお客様については、上限20GB契約の方には20GBまで、上限10GB契約の方には10GBまでデータ通信が無料

f:id:breakthrough1020:20170705220520p:plain

FREETELの「定額プラン」を利用のお客様については、データ通信2GBを無料チャージ

f:id:breakthrough1020:20170705220659p:plain

さらに、FREETELでんわ だれでもカケホーダイを利用のお客様は、時間制限なく、無料で使い放題!

 

と、まあ大盤振る舞いの2周年記念大感謝デーだったのですが、実は、2017年6月29日(木)、30日(金)の2日間だけだったので、まったくそのような大感謝デーを実施していることすら知らずに大感謝デーを過ごしてしまいました...

 

格安SIM カテゴリーの記事一覧 - IT系会社員ブロガー

 

過去に色々と格安SIMの記事を書きましたが、今はFREETELの従量プランと定額プランを利用しているため、定額プランのSIMについては、6月末にデータ通信2GBがチャージされていたため、使い切れずに、今月(7月度)にチャージされた2GBがそのまま繰り越されているため、前月繰り越しデータ残量がかなり増えているので良しとしています。

 

f:id:breakthrough1020:20170705221407p:plain

 

それにしても、FREETELは、こういうお得な大感謝デーは、事前にユーザにアナウンスを徹底してもらわないと。

 

 

 

所得割額を減らす方法 ~高等学校等就学支援金制度~

f:id:breakthrough1020:20170704222522p:plain

何のことかよく分からずにたどり着かれた方もいらっしゃると思いますが、市町村民税所得割額が、30万4200円(304,200円)を超えられている方が、控除(税額控除額)で所得割額を減らせられることについて記載しています。

 

高等学校等就学支援金制度(新制度)、いわゆる高校の授業料無償化制度についてです。

高校生等への修学支援:文部科学省

f:id:breakthrough1020:20170704223321p:plain

 

高等学校等就学支援金制度(高校授業料無償化制度)とは、平成26年4月以降の入学者が対象で「授業料に充てるための就学支援金を支給することにより、高等学校等における教育に係る経済的負担の軽減を図り、もって教育の実質的な機会均等に寄与することを目的」とある支援金の制度です。

制度の概要としては、「国公私立問わず、高等学校等に通う一定の収入額未満(市町村民税所得割額が30万4,200円(モデル世帯で年収約910万円)未満)の世帯の生徒に対して、授業料に充てるため、国において、高等学校等就学支援金を支給します。」とあります。

 

f:id:breakthrough1020:20170704223647p:plain

支給額は、高等学校により異なりますが、国立高校の場合には、月額9,600円(年額115,200円、いわゆる公立(県立・府立)高校の場合には、月額9,900円(年額118,800円になります。

所得割額が304,200円未満にすると年間11~12万円を支払う必要がなくなります

 

モデル世帯としては、年収約910万円未満の世帯の生徒に対して、就学支援金を支給することになっています。

※ そもそも税金をたくさん払っている人が、就学支援金をもらえないのはどうなのかと思いますけど。。

 

しかしながら、実際の申請については、年末の源泉徴収票等の年収や特別徴収税額決定・変更通知書の給与収入を確認するのではなく、この高等学校等就学支援金については、市町村民税の特別徴収税額決定・変更通知書における市民税の「所得割額」だけが対象となります。

※ 所得割額は、都民税/道民税/府民税/県民税にもありますが、これは対象ではありません。

 

f:id:breakthrough1020:20170725232326g:plain

 

市民税には、④税額控除所得割額、⑤税額控除額、⑥所得割額、⑦均等割額とありますが、年収910万円を超えられている方については、④税額控除所得割額が304,200円を超えられていると思います。

 

しかしながら、⑥所得割額が304,200円を超えなければよい、つまり⑤税額控除額を増やすことで、⑥所得割額が304,200円以下にすることができます。

 

⑤税額控除額を増やす手っ取り早い方法は、そう「ふるさと納税」です。

 

ふるさと納税は、寄付金税額控除額として、寄付した金額から2,000円差し引いた金額が控除額となりますが、市民税の⑤税額控除額と、都道府県民税の⑤税額控除額に分割されます。

分割の計算式は分かりませんが、私の実績からは「市民税の⑤税額控除額」:「都道府県民税の⑤税額控除額」=10:7の割合です。

 

市民税の④税額控除所得割額が40万くらいで、10万円くらい減らしたい、つまり市民税の⑤税額控除額を10万円にしたい場合には、17万円分ふるさと納税をすれば良いということになります。

※税額控除所得割額が40万の方であれば、17万円のふるさと納税は十分範囲内だと思います。

 

昨年ぐらいから、独自の高校授業料無償化政策も採用している各都道府県で、ふるさと納税利用すると高等学校等就学援助金で有利になることが問題視されていますので、今年度は大丈夫そうですが、近い将来には使えなくなるかも知れません。

 

ただ、ふるさと納税については幾つか記事を書いていますが、しないと損です。

17万円分ふるさと納税は、翌年の住民税(市町村民税)が17万円分(ただしくは16万8千円分)減るので全く損しません。

えっまさか?まだやっていないの、ふるさと納税 - IT系会社員ブロガー

ふるさと納税やってますか?やらないと損ですよ - IT系会社員ブロガー