IT系会社員ブロガー

某IT企業に勤める40代会社員の雑記帳

国勢調査2020のオンライン誘導が半端ない、どうせやるなら調査票の配送もやめるべき

f:id:breakthrough1020:20200915151438p:plain

5年に一度の国勢調査2020が始まりましたね。

 

国勢調査とは

そもそも国勢調査とは、統計法(平成19年法律第53号)第5条第2項の規定に基づいて実施する人及び世帯に関する全数調査で、国及び地方公共団体における各種行政施策その他の基礎資料を得ることを目的としています。
第1回調査は大正9年(=1920年)に開始され、今回の2020年の調査は第21回目に当たり、実施100年の節目となります。

 

調査期間は、インターネット回答期間が 2020年9月14日(月)から10月7日(水)まで、調査票(=紙)での回答期間が 2020年10月1日(木)から10月7日(水)までとなっており、そろそろ皆さんのお手元に、調査票の紙が届いていることかと思います。

面倒臭がらずに回答しましょう。

 

インターネット(オンライン)回答を推しすぎ

f:id:breakthrough1020:20200915152817j:plain

「インターネットでの回答がとても便利です」くらいは、まあまあ。

しかし一部の自治体では、

f:id:breakthrough1020:20200915152509j:plain

そもそも「調査員に提出」が無し(ばってん)に。

調査員の回収に来ないことが前提で、どうしても調査員に提出したい場合には電話しろ!とのこと。

(わざわざ手書きするなら、印刷する前にそうしておけよ)

 

ホームページもひとりを除き、殆どがPCやスマホからオンライン回答。

f:id:breakthrough1020:20200915153133p:plain

 

ここまでインターネット(オンライン)回答を推し進めるのであれば、そもそも調査票(紙)自体をやめて、ログインID(Login ID)とアクセスキー(Access Key)だけを、圧着ハガキか何かで送り、どうしても紙の調査票で回答したい人だけが、電話をして調査票を取り寄せる方法にすべきではないかと思っています。

 

そもそも調査票(紙)を回収した後のシステムへの登録作業だけでも、とんでもなく大変なことが容易に想像でき、税金がいかに無駄遣いされているかが分かります。

 

次回、2025年の国勢調査は、是非とも調査票(封筒)の配送はやめ、ログインIDとアクセスキーの送付だけにすべきだと思います。

それこそマイナンバーカードを利用すべきだと思います。

マイナポイントの付与でなく、強制的に全員にマイナンバーカードを発行してはどうかとも思っています。

 

9月から始まったマイナポイントについては以下を。

breakthrough1020.hateblo.jp

 

以上です。

 

 

マイナポイントは何を選ぶべきか

f:id:breakthrough1020:20200914225647j:plain

全く盛り上がっていないマイナポイントですが、皆さんはどうされましたか?

 

そもそもマイナンバーカードがないと、マイナポイントはもらえませんので、マイナンバーカードの取得率(普及率・交付率)についてどうなっているのか見てみます。

www.soumu.go.jp

マイナンバーカード交付率は?

f:id:breakthrough1020:20200915125816p:plain

新型コロナウイルス感染症の緊急経済対策として、5月に一人10万円もらえる特別定額給付金についても、マイナンバーカードがあればオンライン申請が可能でしたが、急激に増えている状況ではありません。毎月 +0.4~0.7%程度です。

 

今回のマイナポイントについても、2020年1月からマイナポイントサイトがオープンしており、6月に予約・申請方法、7月に利用できるキャッシュレス決済サービスが公開されているのですが、同じく急激に増えている状況ではないです。

2020年6月→7月 +0.7%、7月→8月 +0.7%、8月→9月 +1.2%とやっと実際にマイナポイントがもらえる9月になって交付率が若干あがって来ていますが、まだ、9月1日で19.40%と、5人に1人しかもっていない状況です。

 

先着順って聞いたけどいつまで大丈夫?

9月1日時点で、マイナポイントの交付枚数は 20,853,465枚(=2,085万枚)です。

マイナポイント付与の予算は、4,000万人を対象に2,000億円が確保されています。

4,000万人なので、交付率31.4%分の予算があるため、これまでの交付率を見る限りは、少なくとも今年度中(2020年3月まで)は予算がなくなることはまずないと言えます。

 

マイナンバーカードをお持ち出ない方は、今からカードを取得しても十分間に合いますので、これから申請されることをおすすめします。

 

f:id:breakthrough1020:20200915091812p:plain

そもそもマイナンバーカードは、運転免許証のような証明書になることや、コンビニで証明書(住民票の写し、印鑑登録証明書、戸籍証明書等)を取得でき、来年(2021年3月)からは健康保険証として利用できるようにもなります。

将来的には運転免許証としても利用できるようにする計画もあるようです。

 

マイナポイントとは?

マイナポイントとは、キャッシュレス決済サービスを促進する施策で、マイナンバーカードと特定のキャッシュレス決済サービスを事前に紐づけることで、チャージや買い物をすることで、利用金額の25%(上限5,000円)をポイントとしてもらえるものです。

つまり、20,000円のチャージ(25%=5,000円)が上限となります。

チャージや買い物に期間の制限があり、2020年9月から2021年3月となっています。

 

対象となるキャッシュレス決済サービスは以下となりますが、9月15日時点でもこれから開始されるものがある状況です。

mynumbercard.point.soumu.go.jp

どのキャッシュレス決済サービスを選択(申込)すべきかは、もちろんご自身がよく利用されているサービスを選ぶべきなのですが、25%(上限5,000円)以外に、各サービスが、これを機会に新たな利用促進を狙って、独自のポイント上乗せをしているので注意が必要です。

 

上乗せについては、日々状況が変化しているので、最新の情報については、ご自身で調べられることをオススメします。

特にネット上は古い情報が多く、2021年3月までに予算がなくなることはないため、これから、後出しでどんどん良い条件が出てくることは確実です。

また、上乗せには「もれなく」「抽選」があることも気をつけるポイントです。

 

キャッシュレス決済サービスは「QRコード決済」「電子マネー」「クレジットカード」の3種類です。主な上乗せ。

 

QRコード

  • d払い +2,500ポイント(合計37.5%)※7月17日に1,000ポイントUP
  • ゆうちょPay +2,000ポイント(合計35%)※ゆうちょ口座のみ
  • au Pay、メルペイ +1,000ポイント(合計30%
  • Paypay 1等100万円の抽選キャンペーン
  • LINE Pay 割引クーポン

電子マネー

  • WAON +2,000ポイント(合計35%

 

これを見ると、現時点ではドコモの「d払い」が一番上乗せが良いように見えますが、先日「ドコモ口座」不正出金があり「d払い」の新たな銀行口座登録や変更、またチャージが当面の間中止されており、セキュリティ上のリスクを考えると「d払い」はオススメできません。

また、PayPayはマイナポイントをPayPayで申込した方向けに、抽選でPayPayボーナスが貰えるキャンペーンを開催していましたが、8月末で終了しています。

 

サービス業者だけはなく自治体も上乗せ

さらに、地域自治体によっては独自でポイントを付与しているところもありますので、これらも注意が必要です。

以下のように徳島県では、+3,000ポイント(合計40%

もちろん、徳島県内の対象店舗で利用が前提になります。

www.pref.tokushima.lg.jp

 みんなは何を申込しているか?

f:id:breakthrough1020:20200915101141p:plain

実際2020年8月時点での調査(MMD研究所 n=454)によると、マイナポイント申込の1位は「Paypay」、2位は「楽天カード」、3位は「WAON」となっています。

これを見る限り、上乗せのことは気にせず(あるいは知らず)に、自分がよく利用するキャッシュレス決済サービスを選んでいることがわかります。

「Paypay」はすでに20%の申込があるので、今後マイナポイントで新たな上乗せをしてくるかどうかは微妙なところだと思います。

 

ちなみに、マイナポイントの申込でややこしいのは、「予約」と「申込」の2段階になっていることです。

いっきに「予約」→「申込」をすることも可能ですが、後出しの上乗せを待つのであれば、まずは「予約」だけやっておくというもの手かと思います。

 

 

ということで、最後に、私は何を申し込みしたかと言うと「楽天Edy」にしました!

f:id:breakthrough1020:20200915101918p:plain

「上乗せ」がもれなく10%(2,000円)もらえるWAONにしようかと思っていたのですが、楽天Edyの申し込み率が思った以上に低そう(MMD研究所調べで4.6%)だったのと、総務省の8月28日の発表では、8月25日までにマイナポイントの申し込み者数がたった424万人とのことだったので、楽天Edyに申し込みをしているのは、424万人×4.6%=19.5万人程度だと判断し、「もれなく2,000円」より「抽選で最大20,000円」の楽天Edyに申し込みをしました。

 

f:id:breakthrough1020:20200915102758p:plain

実は、楽天Edyの抽選は、9月は第一弾で、来年1月末までの5ヶ月間連続の抽選だったこともあります。

1等 20,000円、2等 10,000円、3等 5,000円のいづれかが、5ヶ月間の間でもし当たれば、もれなく2,000円より良かったことになります。

また、抽選にハズレても、もれなく500万円分のEdyが山分けされます。

※19.5万人で山分けするとたった25.6円になりますけど。。。

 

いずれにせよ、ハズレでも山分け金額で楽天Edyに実際に申し込みをしている人数が分かることになります。

ただし、注意事項に「※山分け対象者が500万人を超えた場合は、お一人様「Edy1円分」の付与とさせていただきます。」となっていますので、いきなり9月の第一弾で1円の場合もありますが。。。

 

まぁ私の場合は、楽天Edyは毎月1万円はチャージをするので、25%(+5,000円)の恩恵は受けられ、さらに5ヶ月間の抽選の楽しみができたので良しとしています。

 

以上です。

 

 

ラクマ(楽天)のCMがヒドい

f:id:breakthrough1020:20200914183813p:plain

もともと楽天は そんなに好きではない(どっちかというと嫌い)なのですが、

breakthrough1020.hateblo.jp

ラクマのユーザでもあるのですが、最近のラクマの TV CM があまりにヒドいので書くことにしました。

f:id:breakthrough1020:20200914184026p:plain

これです「購入額の50%分ポイント還元!」です。

 

山崎賢人がCMをしているこれですね。

youtu.be

この条件の書き方がヒドい。

f:id:breakthrough1020:20200914185505p:plain

 

これです!

f:id:breakthrough1020:20200914185550p:plain

 

ラクマエントリーでの初回購入に限るはわかりますが、上限1,000ポイント=1,000円です。

 

50%分でなく最大1,000円分のポイントバック キャンペーンだろ!

 

ってことです。

 

TV CMで、さも10万円購入して、5万円ポイントバックするようなアピールをしていますが、実質は50%分なので、2,000円の購入で、たった1,000円のポイントバックが上限です。

 

f:id:breakthrough1020:20200914223532p:plain

 

こんなCMありなんですかね?

「※付与上限1,000ポイントとなります。」なんて目立たないように完全に白文字です。

 

誇大広告にならないのしょうかね?

 

f:id:breakthrough1020:20200914224047p:plain

んー。JAROってなんじゃろ?

www.jaro.or.jp

 

f:id:breakthrough1020:20200914224611p:plain

以上です。

 

 

Android 11 アップデート - Pixel 4a

2020年8月20日に手に入れた Pixel 4a へ、本日(2020年9月9日)Android 11 の配信が開始しました。

f:id:breakthrough1020:20200909210314j:plain

Android Developer の Twitterでは、本日9月9日 AM 2:04に Android 11 の発表されています。

f:id:breakthrough1020:20200909210650p:plain

Android 11の変更点は上記ブログ(Turning it up to Android 11)に記載されています。

blog.google

Pixel 4a は、朝に Android 11 のダウンロード可能(OTA)になっていました。

 

f:id:breakthrough1020:20200909222523p:plain

更新サイズは、1.58GBです。

以下は、インストール前の Android 10 の情報です。

f:id:breakthrough1020:20200909222738p:plain

Android セキュリティパッチレベルは、2020年8月5日

ビルド番号は、QD4A.200805.001です。

 

そして、以下は、 Android 11 インストール後の情報となります。

f:id:breakthrough1020:20200909222929p:plain

Android セキュリティパッチレベルは、2020年9月5日

ビルド番号は、QD4A.200805.001→RP1A.200720.011です。

 

Pixel のレビューでもガイドブックについて感心したことを書きましたが、Android 11 の新機能についても、きちんと [ Pixel ガイド(Pixel Tips)]に日本語で記載されていました。

breakthrough1020.hateblo.jp

Pixel ガイド(Pixel Tips)

f:id:breakthrough1020:20200909223326p:plain

 

Pixelガイドに掲載されているAndroid 11の新機能は、以下の5つです。

  1. Googleマップのライブビューを使って、友だちや家族を簡単に見つけられます。
  2. アプリの候補から必要なアプリを必要なときに確認
  3. 画面上のテキストや画像をコピー、検索、共有
  4. 接続されているデバイスを簡単に操作
  5. 曲、動画などを1か所から簡単に操作

です。

 

5つの新機能の幾つかを、実際に使ってみましたが、それほど便利になったと感じるものでは残念ながらありませんでした。

 

 その他は、電源ボタンを押下した時の表示(スクリーンショットがとれなくなった)や、上部を下にスワイプした際の通知ウィンドウの表示が変わった(表示が少なくなった)くらいで、その他には大きな変更は見受けられませんでした。

 

いずれにせよ、私が一つ前に利用していた Essential PH-1 に Android 10がリリースされたのが、2019年9月4日だったので、ちょうど1年ぶりの Android OSのメジャーアップデートとなりますので、実際に、数日使ってみてレビューすることにします。

breakthrough1020.hateblo.jp

以上です。

 

 

Pixel 4a 使用レビュー

Google Pixel 4a を発売日である 2020年8月20日に入手し、1週間以上使用してきたので、使用感を含めてレビュー報告したいと思います。

 

f:id:breakthrough1020:20200831180230j:plain

 

到着直後のレビューについては、こちら見てください。

breakthrough1020.hateblo.jp

1週間以上利用してみて、一番感じたことは、大きさと軽さですね。特に、Essential PH-1と比べると、ふと持った感覚で、「軽っ!」「薄っ!」「小さっ!」を感じることができます。

動作についても、非常に早くサクサク動いて快適です。指紋認証も早い!

私は、毎日ランニングアプリ(Runkeeper)を利用しているのですが、アプリを立ち上げ(GPSをつかんで)スタートできる時間がかなり短くなったのは感動です。

 

以前、Nexus は利用していましたが、Pixel(もしかするとPixel 4aからかも?)になって驚いたのは、マニュアル(以下の初期設定ガイド)ですね。

f:id:breakthrough1020:20200831181158j:plain

Androidには、このような紙のマニュアルは一切付属されていることはなく、初心者の方には、かなり敷居が高いものでしたが、このマニュアルを見れば、一通り Android から AndroidiPhoneから Android への移行を行うことができるようになっています。

※もちろん、敷居が全くなくなった訳ではありませんが。

 

f:id:breakthrough1020:20200831181136j:plain

ついでですが、このマニュアル(=ガイドブック)についてのアンケート協力が入っており、9月30日までですが、アンケート回答者に抽選100名にGoogleオリジナルグッズがあたるようです。

※かなり倍率が高そうですが、回答しました。

 

また、8月26日には以下のメールが来て、来年2021年の12月31日まで有効な1000円のクーポンが届きました。

f:id:breakthrough1020:20200831182205p:plain

 

残念ながらケースについては、すでに Amazon で SHINEZONEのハードシェルケースを購入していました。

f:id:breakthrough1020:20200831183306j:plain

これまでは、Spigen(シュピゲン )をメインにつかっていましたが、Pixel 4aについては、全部イマイチでした。

Spigen でシン・フィットが唯一購入候補に入りましたが、四隅の意味不明の欠けたデザインが気に入らず(そもそもSpigenロゴが入っているのは毎回気に入らず)今回購入はやめました。売り切れているのがびっくりですが。

 

そして購入したのが、SHINEZONE のハードシェルケースです。

Pixel 4a の薄さ、細さを殆ど損なわず、表面は本体よりしっとりした感じで、ケースをつけることで滑るのを改善することができました。

かなり小さく・薄くなったので、Yシャツの胸ポケットに入れることが多いので、何度か前かがみになった時に落としましたが、ケースをつけておかげで本体は無傷です。(ケースつけておいて良かった)

 

フィルムは良いものが何もなかったので、とりあえずフィルム無しで利用しています。

 

Pixel 4a を1週間以上利用してみて、初めの3~4日間はバッテリーの消費が激しく、夜80%まで充電したものが、朝起きて(6-7時間後)見ると35~30%になっていることがありましたが、今は落ち着いて、80%→75~73%になっており、Essential PH-1と同じです。

電池の消費については人それぞれ使い方によりますが、80%充電で頑張れば2日ギリギリ持つくらいでしょうか。80%→50%→20%

私は、精神衛生上よろしくないので、毎日80%充電の運用を行っています。

 

Essential PH-1 がAndroid 10だったので、Pixel 4a もAndroid 10のため、使用感には大きな差はありませんでしたが、Pixel 4a のホーム画面の上部に日付と温度、下部に検索バーがあるのが若干違和感があるぐらいです。これは消せないようです。

 

とりあえず実際に1週間 Pixel 4a を使用した感想(レビュー)としては満足しています。

 

以上です。

 

 

Pixel 4a 到着!Essential PH-1との違いは?

f:id:breakthrough1020:20200820224519j:plain

2020年8月20日販売開始の Pixel 4a ですが、昨日(8月19日)に発送され、発売開始日である本日(8月20日)の朝に無事届きました。

breakthrough1020.hateblo.jp

入荷案内の当日(8/14)の購入手続きだと、配達予定日が8月28日~31日となっていたので、予約開始の翌日(8/15)に一度購入をキャンセルし、再度新たに購入手続きしたところ、配達予定日が8月21日~24日になり、結局、1日早い8月20日に無事到着したことになります。

 ※)結局、入荷案内当日購入(配達予定日が8月28日~31日)のままだったら、今日到着していたのかは不明です。

 

早速、電源Onして、初期設定とデータ移行を実施しました。

左がPixel 4a、右がEssential PH-1です。

f:id:breakthrough1020:20200820225113j:plain

データ移行は、Essential PH-1の付属ケーブル(USB-C to UCB-C)で問題なく行えました。

右がPixel 4a、左がEssential PH-1です。

f:id:breakthrough1020:20200820230028j:plain

 

Pixel 4aとEssential PH-1の違いは以前にも記載していますが、

breakthrough1020.hateblo.jp

  • 大きさ・・・横幅も数字上は若干細くなっている程度ですが、Essential PH-1の角張ったフォルムから、Pixel 4aの丸みを帯びたフォルムになったことから、持った感じでは、かなり細くなったように感じます。
    縦の長さは、横に並べて比べてみないとわからないレベル。
    ディスプレイ下部のベゼルが狭くなっているので表示領域が大きいです。
  • 重さ・・・持った感じは若干Pixel 4aが軽いレベル。Pixel 4aは、軽さで安っぽさを感じるかと思いましたが、意外に感じませんでした。
  • スピード・・・各種アプリのパスワード設定や引っ越し程度の操作しかできていませんが、はっきり言ってEssential PH-1よりPixel 4aの方がサクサク(ヌルヌル)動作します。

 

結局、Essential PH-1からPixel 4aの乗り換えてよかったこと。

  • 再起動が早くなった。Essential PH-1は、再起動に1分20-30秒かかっていましたが、Pixel 4aでは、20-25秒と、1分以上早くなって非常に快適です。
  • 頻発する再起動にストレスを感じることがなくなった。Essential PH-1は、購入から2年以上が経過しているためか、バッテリーがぼちぼと劣化していたのか、意図しない再起動が頻発していました。
    Pixel 4aへのデータ移行の際にも何度も再起動が発生。Pixel 4a では、もちろんありません。
  • サクサク動作する。Essential PH-1も購入時はサクサク動作していたのですが、徐々に遅くなっていたのを改めて感じました。

の3点ですかね。

 

それ以外の最新セキュリティパッチが適用されている(3年間OSアップデート保証)などのメリットもあります。

 

Nexus同様に、ポリカーボネートが安っぽいのでは?と思っていましたが、意外とそんなことはなかったです。そのまま利用しても良さそうですが、すぐに落として傷だらけになるもの嫌なので何かケースを購入しようと思っています。(まだ未購入)

 

あとは、数日間実際に利用してみて、以前 Nexus は利用していましたが、Pixel については初めてなので、色々な機能を試して見ようと思っています。

 

以上です。

 

 

Pixel 4a 発送!

前回 Pixel 4aの予約購入と、不可解な事象として、後から購入した方が先に配送予定になるということがありました。

breakthrough1020.hateblo.jp

Pixel 4a は、明日(8月20日)販売開始となっていますが、前日である本日(8月19日)14時にやっと発送の連絡が来ました。

f:id:breakthrough1020:20200819210544p:plain

 

[配送状況を追跡]を見ると、新東京郵便局に17時に到着しているようなので、明日20日(遅くとも明後日21日)に到着しそうです。

 

入荷案内の当日(8/14)の購入手続きだと、配達予定日が8月28日~31日となっていたので、おそらく今日時点では[発送済み]にはなっていなかったと思っています。

 

予約開始翌日(8/15)に再度購入手続きし、配達予定日を8月21日~24日にしたことで、一週間以上早く到着することになったようです。

 

到着が楽しみです。

 

以上です。