読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT系会社員ブロガー

某IT企業に勤める40代会社員の雑記帳

もれなく500円プレゼント!三菱東京UFJ銀行ECO通帳キャンペーン

f:id:breakthrough1020:20170306231442p:plain

Eco通帳(インターネット通帳)切替キャンペーン | 三菱東京UFJ銀行

 

2017年2月20日(月)から3月17日(金)までの間に、三菱東京UFJ銀行のインターネットバンキング DIRECT で、ECO通帳に切り替えた方を対象に”もれなく”500円をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

 

クレジットカード会社が、紙の請求書をやめたいのと同じく、そろそろ銀行も紙の通帳をやめたいということですね。

 

三菱東京UFJ銀行のECO通帳のメリット

f:id:breakthrough1020:20170306231739p:plain

いや~、"いいこと"はすべて三菱東京UFJ銀行の"いいこと"(メリット)ですね。

 

25ヶ月分まで入出金明細が確認可能できることは、多少なりのメリットはありますが、紙の通帳と比較して25ヶ月以上前を確認できなくなるデメリットもあります。

そもそも通常アプリが、なぜか2ヶ月分しか確認ができないこと自体が??です。25ヶ月分確認させても何も問題はないはずです。

 

それ以外のメリットとしては、入出金明細ダウンロードや、メモの登録が可能とのことです。

 

反対に、ECO通帳に切り替えると以下の4つのデメリットがあります。

  • 紙の通帳の利用できなくなります。(併用不可)
  • 窓口での取り引き時、通帳の代わりにキャッシュカードが必要
  • ATMでの取り引きの内、通帳を使った取り引きができなくなる(預金)
  • お取引内容を確認いただけない期間(時間)がある

 "いいこと"にある4つの三菱東京UFJ銀行のメリットと、ECO通帳のデメリットと、500円との比較が必要です。

 

私は、クレジットカード会社の紙の請求は随分と前にやめているので、いずれは、銀行の通帳も電子化されることを前提にすると、今500円もらえるのなら、もらった方がよいのではないかと思い、すでに申し込みを行っています。

 

f:id:breakthrough1020:20170306234422p:plain

プレゼントの500円は平成29年3月末までに三菱東京UFJダイレクトの代表口座に入金されるとのことです。

 

最後に、キャンペーンには以下の4つの条件を満たす必要があります。

  • 三菱東京UFJダイレクトのご契約があること。
  • キャッシュカードのお申し込みがあること。
  • Eco通帳をお申し込みいただく普通預金口座が三菱東京UFJダイレクトの代表口座またはサービス指定口座に登録されていること。
  • 以下のいずれにも該当していないこと。
    ・社員総合口座普通預金
    ・住所変更のお手続きがお済みでない場合
    ・通帳・印鑑喪失手続中
    ・電話投票口座
    ・ボランティア預金
    ・当行からの通知をしないようお申出いただいている場合

 

以上です.