読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT系会社員ブロガー

某IT企業に勤める40代会社員の雑記帳

Runkeeper 東京マラソン2017チャレンジ

Runkeeperとアシックの相乗効果については以下。

breakthrough1020.hateblo.jp

定期的に色々とキャンペーンを実施していますが、2017年2月10日に、Runkeeper 東京マラソン2017チャレンジがスタートしました。

 

f:id:breakthrough1020:20170214220218p:plain

この東京マラソン2017 チャレンジは、2017年2月22日までに、Runkeeperを利用して、合計11km以上走るだけです。

合計11kmなので、一度に11km走る必要もありません。

期限内にチャレンジを達成された方全員が、2月23日~2月25日に東京ビッグサイトで開催される東京マラソンEXPO 2017で、3ヶ月分のRunkeeper Go(Runkeeper有料サービス)利用権を受けとることができます。

 

ちなみに、Runkeeper Go(有償版)は、Basic(無償版)と異なり以下の機能が追加されています。コストは、$9.99/月、$39.99/年となります。

実際に欲しい機能かどうかは...です。

東京マラソンのライブ中継用にLive Trackingがあると言うことですね。

f:id:breakthrough1020:20170214220829p:plain

 

すでにチャレンジはクリアしていますが、東京マラソンに参加しないのに、わざわざ東京ビッグサイト東京マラソンEXPO 2017に行くものどうかなぁと思っています。

f:id:breakthrough1020:20170214221629p:plain

f:id:breakthrough1020:20170214221642p:plain


また、Runkeeper Go 3ヶ月分利用権以外にも、チャレンジ達成者に、抽選で5名様にアシックスのランニングシューズ、ASICS fuzeX Rushが当たるキャンペーンにも自動でエントリーされています。

 

f:id:breakthrough1020:20170214221146p:plain

当選の発表はRunkeeper事務局より当選者様へのEメール連絡をもって代えさせていただきますとのことですが、私は、これまで Runkeeperのキャンペーンは一度も当たったことがないです。

 

これを機会に、アシックスのキャンペーンが頻繁に実施される Runkeeper をインストールして、ランニングを開始されてはどうでしょうか?

 

追記、東京フィニッシュラインチャレンジ

breakthrough1020.hateblo.jp