読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT系会社員ブロガー

某IT企業に勤める40代会社員の雑記帳

ふるさと納税やってますか?やらないと損ですよ

ANA カテゴリなし

ふるさと納税」やってますか?

 

ふるさと納税」の認知度はかなり高いですが、色々面倒くさそうですよね。

おそらく以下の格安SIMと同じく、

  • ふるさと納税の寄付や手続きが面倒くさそう
  • どんな寄付があるのかがよく分からない
  • 本当に税金が差し引かれているか確認が面倒くさそう

などが理由になっていると思います。

breakthrough1020.hateblo.jp

実は私も、以前から得だとは聞いていたんですが、やっぱり面倒くさくて手を出していなかったのですが、昨年初めて「ふるさと納税」を行い、この6月に入って住民税決定通知書を受取り、きちんと「ふるさと納税」した分が控除されていることを確認し、改めて「ふるさと納税」がオトクであることを認識しました。

 

それで私が分かったことを記載しますが、まず最初に、

  1. ふるさと納税は名目上は寄付ですが、翌年の住民税から2,000円差し引かれた金額がすべて控除されるため、単なる住民税の前払いである
  2. 住民税の前払いなのに、名目が寄付のため、寄付金の半額程度のお礼の品がもらえる

の2点がポイントです。

 

皆さんがお住まいの自治体(市)に税金(住民税)を払っても、お礼の品はもちろん、お礼の言葉さえ貰ったことはないですよね?

 

ふるさと納税は違います。別の自治体に税金を前払いするだけで、お礼や、お礼の品がもらえます。(ただし2,000円は差し引かれます)

 

ふるさと納税の寄付や手続きが面倒くさそう、どんな寄付があるのかわからない

 有名どころは「ふるさとチョイス」でしょうか。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 全国のふるさと納税を地域・特典・使い道から選べる

このWebサイトを見れば、お礼の品が、いかにスゴイか分かると思います。

あまりにたくさん有りすぎて分からない方はランキングを見られるとよいと思います。

 

また、ANAふるさと納税サイトから寄付をすればANAマイルも貯まります。

ANAのふるさと納税

 

肉、米・パン、果物、エビ・カニ、魚貝類(うなぎ・ウニ)、野菜、お酒、お菓子、麺類(素麺)、旅行・宿泊券、雑貨・日用品

f:id:breakthrough1020:20160624002845p:plain

有名どころは、牛肉(サーロイン)、カニ、ウニ、うなぎでしょうか。

お米については新米予約もありますし、1年間毎月お米を送ってもらえるものもあります。

旅行券や宿泊券もありますし、日用品はティッシュペーパーやトイレットペーパー、タオル等もあり、かならず購入されるようなものを、税金の前払いでもらえるというのは、かなりオトクではないでしょうか?

 

寄付の手続きもいたって簡単です。殆どの寄付がカードで決済することができます。

また、これまでは確定申告を行う必要がありましたが、2015年4月からは、ワンストップ特例制度開始され、もともと確定申告不要な給与所得者等の場合、寄付先が5団体までであれば確定申告不要となりました。

※実は私はワンストップ特例制度でふるさと納税をする気になりました...

つまり、Webサイトでお礼の品を選びカード決済するだけで、税金の前払いができます。

ワンストップ特例制度の場合は、寄付を行った自治体からお礼の品とは別に書類が送られてきますが、氏名を記載して送り返すだけで済みます。

 

本当に税金が差し引かれているか確認が面倒くさそう

 つい先日まで、どういった形で税金が差し引かれているか疑問だったのですが、住民税決定通知書の欄外にきちんと「⑤(税額控除額)には、寄附金税額控除額 xx,xxx円が含まれます」と記載があり、きちんとふるさと納税した金額から2,000円引いた金額が、税額(住民税)から控除されていることを確認しました。

 

いやー。こんな簡単できっちり税金が引かれるのであれば、今年もやろうということで早速ふるさと納税を始めています。

ワンストップ特例制度を利用したいので、自治体を5つまでにする必要がありますが、早速いくつかの自治体へ寄付を行いました。お礼の品が届くのが楽しみです。

 

ふるさと納税のデメリットは、税金の前払い寄付金の総額から2,000円引かれるだけです。

これを見られた方は是非やられてはどうでしょうか?

果物など季節モノがたくさんあるので、早めにやられた方がよいですよ。