読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT系会社員ブロガー

某IT企業に勤める40代会社員の雑記帳

iPhone を売買する時はアクティベーションロックの確認が必要

最近、個人で物を売買するフリマ(メルカリ、ラクマ)が流行っていますが、iPhoneiPadiPodを購入または販売する時に気をつけないと行けないこととして、アクティベーションロックがあります。

 

support.apple.com

 

アクティベーションロックの詳細については上記アップルのサイトを確認いただくのがよいですが、ようするに、iPhoneiPadiPodの紛失・盗難時に、他人にデバイスを使わせなくする機能、「iPhoneを探す」機能のことです。

 

購入するときに気をつけること

アクティベーションロックが有効になっていないかどうかは、以下のサイトで確認することができます。

https://www.icloud.com/activationlock/

f:id:breakthrough1020:20160507145837j:plain

購入予定のデバイス(iPhoneiPadiPod)のIMEIまたはシリアル番号を聞くことで、アクティベーションロックが有効かどうかが誰でも確認することができます。

 

ちなみに、アクティベーションロックを無効にするには、Apple IDとパスワードが必要になりますので、フリマ等で購入された後で、アクティベーションロックが有効になっているとどうしようもないです。

 

販売するときに気をつけること

もちろん販売するときに、アクティベーションロックを無効し、さらにデバイスの初期化を行う必要があります。

 

アクティベーションロックの無効化は、iOS9の場合は、[設定]→[iCloud]→[iPhoneを探す]の「iPhoneを探す」をOffにするだけです。

On/Offには、Apple IDとパスワードが必要になります。

 

f:id:breakthrough1020:20160507150459p:plain

 

あと、デバイスの初期化については、[設定]→[一般]→[リセット]です。

f:id:breakthrough1020:20160507150925j:plain

リセットには、[すべての設定をリセット]や[すべてのコンテンツと設定を消去]などがありますが、販売される場合には、[すべてのコンテンツと設定を消去]をする必要があります。

これを行うとデバイスがすべて初期化されます。

 

最後に

ちなみにアクティベーションロックが有効になっていると、「デバイス上でiPhoneを探すをオフにする」「デバイスの初期化」「デバイスの再アクティベート」の際に、Apple IDとパスワードの入力が必要となりため、紛失・盗難時に、他人がデバイスを使えないということです。

逆を言うと、拾ったり、盗んだiPhoneに関しては、アクティベーションロックが有効になっている可能性が高いということになりますので、購入の際にはくれぐれも気をつけて下さい。