IT系会社員ブロガー

某IT企業に勤める40代会社員の雑記帳

今年の漢字

「偽」

 

そろそろ今年の漢字の季節です。

 

今年の漢字は、毎年12月12日に、その年の世相を表現した漢字一文字を選び、京都「清水寺」の森清範(もりせいはん)貫主に大きく揮毫(きごう=毛筆で文字を書く)していただき、清水寺の本尊・清水型十一面千手観音像に奉納する儀式ですが、日本漢字能力検定協会のキャンペーンです。

 

そろそろ12月12日ですが、今年はやはり、東芝の不正会計問題・粉飾決算フォルクスワーゲンVW)の排ガス不正問題横浜市のマンション杭打ち工事のデータ改ざん問題と、「虚偽」「不正」「偽装」が目白押しなことから、「偽」になるかとおもいきや、実は2007年にも同様に、食品偽装(ミートホープ不二家白い恋人)、政治(消えた年金記録)、老舗(赤福餅、船場吉兆)から同じく「偽」が選ばれていますので、同じ「偽」になることは無いと思い、だったら「不」(不正、不誠実)とも思いましたが、日本漢字能力検定協会は、どこかの訳の分からない新語・流行語大賞とは違い応募数が多いものが選ばれるのであれば、やっぱり2007年に引き続き「偽」と思う今日このごろです。

 

ユーキャン新語・流行語大賞

2015年 年間大賞「爆買い」「トリプルスリー」

※毎年12月上旬に発表。読者審査員のアンケートを参考に『現代用語の基礎知識』編集部がノミネート語を選出。選考委員会によってトップテン、年間大賞語が選ばれる。

 

もし本当であれば、選考委員の選出が間違っているしか思えない。

2015年は「安心してください 履いてますよ」「五郎丸」しかない。

 

広告を非表示にする