読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT系会社員ブロガー

某IT企業に勤める40代会社員の雑記帳

ANAマイレージ その2

マイレージ貯めてますか?

前回に引き続きANAマイレージ

breakthrough1020.hateblo.jp

 

 クレジットカードを集約して無駄がなくなりましたが、さらにマイルを貯めようとするにはやはり陸マイラーでは限界があるので、積極的に旅行や出張に飛行機を使うことにしています。

ただし、東京(羽田)-大阪(伊丹)の場合で280マイル、往復で560マイルしか貯まりません。

 

飛行機は他の乗り物と大きく違い、良く乗る人とそうでない人の差を明確につけています。

プレミアムメンバーサービスです。

www.ana.co.jp

「ダイヤモンドサービス」、「プラチナサービス」、「ブロンズサービス」の3つのメンバーと「スーパーフライヤーズ会員」、「ミリオンマイラープログラム」があります。

例えば、特典のひとつのフライトボーナスマイルは、一番ランクの低い「ブロンズサービス」の1年目 +40%(ゴールドカードは45%)、2年目以上 +50%(ゴールドカードは55%)となります。

つまり、「ブロンズサービス」になると、

東京(羽田)-大阪(伊丹)の往復560マイルが、

560マイル+224マイル=784マイルとなります。

2年目になると、560マイル+280マイル=840マイルとなります。

「ブロンズサービス」から「プラチナサービス」になると40%→90%、「ダイヤモンドサービス」になると90%→115%となります。

 

 

プレミアムメンバーは、毎年1月から12月に獲得したプレミアムポイント数によって決まります。つまり飛行機に乗らない限りプレミアムメンバーになれないので、ちまたでは”マイル修行”なるものが行われています。

 

”マイル修行”の話しをしても仕方がないので、私はここ数年間は「ブロンズサービス」メンバーになっています。

f:id:breakthrough1020:20151116224832j:plain

※2015年版は、右上の年の表記がなくなったと思います。翌年(3月)に発行される本カードではなく、事前サービスの仮カードは年度表記がないのですが。

 

結果として、飛行機に乗る度+40%(2年目以降は+50%)のマイルを獲得し、年間で2~3万マイルは貯まるようになりました。

www.ana.co.jp

プレミアムメンバーはANAマイルからANA Skyコインへの交換も比率が変わり、最大1.7倍となります。

つまり、10万マイルが、17万Skyコイン(=17万円)になります。

※Skyコインは10コイン=10円で使えます。

 

もともと年間1万マイルでは年会費7,560円の元を取ること自体は難しいですが、JCB STAR MEMBERS、電子マネー楽天Edy)、さらにANAプレミアムメンバーになれれば、年間数万マイルがたまり、さらにSkyコイン変更時に1.7倍(1万マイル→17,000円)になりますので、十二分に元が取れるようになります。

 

逆に、以前と違ってANAマイレージは、陸マイラーには、魅力がなくなったのではないでしょうか?

 

続きは以下

breakthrough1020.hateblo.jp

 

 

広告を非表示にする